JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > Weekly Report > 2008 > Weekly Report 2008-12-10号

最終更新: 2008-12-10

Weekly Report 2008-12-10号


JPCERT-WR-2008-4801
JPCERT/CC
2008-12-10

<<< JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2008-12-10 >>>

■11/30(日)〜12/06(土) のセキュリティ関連情報

目 次

【1】Java Runtime Environment (JRE) に複数の脆弱性

【2】Movable Type Enterprise にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

【3】DATAC RealWin にバッファオーバーフローの脆弱性

【4】Linksys のワイヤレスネットワークビデオカメラ WVC54GC とその ActiveX コントロールに複数の脆弱性

【5】「C/C++ セキュアコーディング ハーフデイキャンプ」参加者募集のお知らせ

【6】SecurityDay2008 のお知らせ (2008年12月16日開催)

【今週のひとくちメモ】担当者が選ぶ 2008年の重大ニュース

※紹介するセキュリティ関連情報の選定基準は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/

※PGP署名付きテキスト版および XML 版は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr084801.txt
https://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr084801.xml

【1】Java Runtime Environment (JRE) に複数の脆弱性

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA08-340A
Sun Java Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA08-340A.html

US-CERT Cyber Security Alert SA08-340A
Sun Java Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/alerts/SA08-340A.html

概要

Java Runtime Environment (JRE) には、複数の脆弱性があります。結
果として、遠隔の第三者が任意のコードを実行したり、権限を昇格した
り、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行ったりするなどの可能性があり
ます。

対象となる製品およびバージョンは以下の通りです。

- JDK/JRE 6 Update 10 およびそれ以前
- JDK/JRE 5.0 Update 16 およびそれ以前
- SDK/JRE 1.4.2_18 およびそれ以前
- SDK/JRE 1.3.1_23 およびそれ以前

この問題は、Sun が提供する修正済みのバージョンに、該当する製品を
更新することで解決します。


なお、SDK/JRE 1.4.2 系列および SDK/JRE 1.3.1 系列はすでにサポー
トが終了しています。今後修正プログラムは提供されません。後継のバー
ジョンへの対応をおすすめします。

関連文書 (日本語)

Japan Vulnerability Notes JVNTA08-193A
Java における複数の脆弱性に対するアップデート
http://jvn.jp/cert/JVNTA08-193A/index.html

関連文書 (英語)

Sun Alert Notification 244986
The Java Runtime Environment Creates Temporary Files That Have "Guessable" File Names
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244986-1

Sun Alert Notification 244987
Java Runtime Environment (JRE) Buffer Overflow Vulnerabilities in Processing Image Files and Fonts May Allow Applets or Java Web Start Applications to Elevate Their Privileges
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244987-1

Sun Alert Notification 244988
Multiple Security Vulnerabilities in Java Web Start and Java Plug-in May Allow Privilege Escalation
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244988-1

Sun Alert Notification 244989
The Java Runtime Environment (JRE) "Java Update" Mechanism Does Not Check the Digital Signature of the JRE that it Downloads
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244989-1

Sun Alert Notification 244990
A Buffer Overflow Vulnerability in the Java Runtime Environment (JRE) May Allow Privileges to be Escalated
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244990-1

Sun Alert Notification 244991
A Security Vulnerability in the Java Runtime Environment (JRE) Related to Deserializing Calendar Objects May Allow Privileges to be Escalated
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-244991-1

Sun Alert Notification 245246
The Java Runtime Environment UTF-8 Decoder May Allow Multiple Representations of UTF-8 Input
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-245246-1

Sun Alert Notification 246266
Security Vulnerability in Java Runtime Environment May Allow Applets to List the Contents of the Current User's Home Directory
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-246266-1

Sun Alert Notification 246286
Security Vulnerability in the Java Runtime Environment With Processing RSA Public Keys
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-246286-1

Sun Alert Notification 246366
Security Vulnerabilities in the Java Runtime Environment (JRE) JAX-WS and JAXB Packages may Allow Privileges to be Escalated
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-246366-1

Sun Alert Notification 246386
A Security Vulnerability in Java Runtime Environment (JRE) With Parsing of Zip Files May Allow Reading of Arbitrary Memory Locations
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-246386-1

Sun Alert Notification 246387
A Security Vulnerability in the Java Runtime Environment may Allow Code Loaded From the Local Filesystem to Access LocalHost
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-66-246387-1

【2】Movable Type Enterprise にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

情報源

Japan Vulnerability Notes JVN#02216739
Movable Type Enterprise におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性
http://jvn.jp/jp/JVN02216739/index.html

概要

Movable Type Enterprise には、管理画面にクロスサイトスクリプティ
ングの脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者がユーザのブラウ
ザ上で任意のスクリプトを実行する可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Movable Type Enterprise 1.5

なお、この脆弱性は、JPCERT/CC REPORT 2008-09-18号【2】および
JPCERT/CC REPORT 2008-10-22号【4】とは異なる問題です。

この問題は、シックス・アパートが提供する修正済みのバージョンに
Movable Type Enterprise を更新することで解決します。

関連文書 (日本語)

シックス・アパート
[重要] セキュリティアップデート Movable Type 4.23 の提供を開始
http://www.movabletype.jp/blog/_movable_type_423.html

シックス・アパート
[重要] セキュリティアップデート Movable Type 4.23 の提供を開始
http://www.sixapart.jp/movabletype/news/2008/12/03-1400.html

JPCERT/CC REPORT 2008-09-18
【2】Movable Type にクロスサイトスクリプティングの脆弱性
http://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr083601.html#2

JPCERT/CC REPORT 2008-10-22
【4】Movable Type にクロスサイトスクリプティングの脆弱性
http://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr084101.html#4

【3】DATAC RealWin にバッファオーバーフローの脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#976484
DATAC RealWin buffer overflow
http://www.kb.cert.org/vuls/id/976484

概要

DATAC RealWin には、FC_INFOTAG/SET_CONTROL パケットの処理に起因
するバッファオーバーフローの脆弱性があります。結果として、遠隔の
第三者が細工したパケットを処理させることで任意のコードを実行した
り、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行ったりする可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- RealWin 2.x

2008年12月3日現在、この問題に対する修正プログラムは確認されてお
りません。回避策としては、信頼できないネットワークから RealWin 
へのアクセスを禁止するなど適切なアクセス制限を行う方法があります。

関連文書 (日本語)

Japan Vulnerability Notes JVNVU#976484
DATAC RealWin にバッファオーバーフローの脆弱性
http://jvn.jp/cert/JVNVU976484/index.html

関連文書 (英語)

DATAC Control International Ltd.
RealWin SCADA System by RealFlex Technologies Ltd
http://www.dataconline.com/software/realwin.php

【4】Linksys のワイヤレスネットワークビデオカメラ WVC54GC とその ActiveX コントロールに複数の脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#528993
Linksys WVC54GC wireless video camera vulnerable to information disclosure
http://www.kb.cert.org/vuls/id/528993

US-CERT Vulnerability Note VU#639345
Linksys WVC54GC NetCamPlayerWeb11gv2 ActiveX control stack buffer overflow
http://www.kb.cert.org/vuls/id/639345

概要

Linksys が提供するワイヤレスネットワークビデオカメラ WVC54GC お
よびその ActiveX コントロールには、複数の脆弱性があります。結果
として、遠隔の第三者が細工したパケットを当該製品に送信することで
機密情報を取得したり、細工した HTML 文書を閲覧させることで該当す
る ActiveX コントロールを使用しているユーザの権限で任意のコード
を実行したりする可能性があります。

この問題は、Linksys が提供する修正済みのバージョンに、WVC54GC の
ファームウェアを更新することで解決します。なお、該当する ActiveX
コントロールがインストールされている場合には、ファームウェアを更
新した製品に接続して ActiveX コントロールを更新する必要があります。
詳細については、Linksys が提供する情報を参照してください。

関連文書 (英語)

Linksys
WVC54GCA
http://www.linksys.com/servlet/Satellite?c=L_Product_C2&childpagename=US%2FLayout&cid=1175239651656&pagename=Linksys%2FCommon%2FVisitorWrapper&lid=5165686883B0

Linksys
Firmware Release History
http://www.linksys.com/servlet/Satellite?blobcol=urldata&blobheadername1=Content-Type&blobheadername2=Content-Disposition&blobheadervalue1=text%2Fplain&blobheadervalue2=inline%3B+filename%3DWVC54GC-V1.0_non-RoHS-v1.25_fw_ver.txt&blobkey=id&blobtable=MungoBlobs&blobwhere=1193776031728&ssbinary=true&lid=8104724130B17

【5】「C/C++ セキュアコーディング ハーフデイキャンプ」参加者募集のお知らせ

情報源

JPCERT/CC
C/C++ セキュアコーディング ハーフデイキャンプのご案内
https://www.jpcert.or.jp/event/half-day_Camp-seminar.html

概要

JPCERT コーディネーションセンターは、C/C++ 言語で脆弱性を含まな
い安全なプログラムをコーディングする具体的なテクニックとノウハウ
を学んでいただくためのセミナーを「C/C++ セキュアコーディング ト
ワイライトセミナー」と題して 2008年6月4日から 12月3日まで全7回に
渡り開催しました。

ソフトウエア等の脆弱性対策に関する事業の一環として開催したこのセ
ミナーを一人でも多くのプログラム開発者の方々に受講していただける
よう、トワイライトセミナーでお送りした内容を全3回に再編成し、
「C/C++ セキュアコーディング ハーフデイキャンプ」と題して開催い
たします。トワイライトセミナーと同じく参加費は無料です。

第1回は 2009年1月29日開催予定です。

日時:   part1 <文字列・整数>
        2009年1月29日 (木) 13:00〜18:00 (受付 12:30〜)
会場:   株式会社インターネットイニシアティブ 大会議室1
        東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 17階
受講料: 無料
定員:   80名

【6】SecurityDay2008 のお知らせ (2008年12月16日開催)

情報源

SecurityDay2008
http://securityday.jp/

概要

2008年12月16日(火)、東京 ベルサール八重洲において JPCERT コーディ
ネーションセンター (JPCERT/CC)、日本インターネットプロバイダー協
会 (JAIPA)、日本データ通信協会 (Telecom-ISAC Japan)、日本ネット
ワークセキュリティ協会 (JNSA)、日本電子認証協議会 (JCAF) 主催の
「SecurityDay2008 〜日本の情報セキュリティのあり方を考える〜」を
開催します。

日時:2008年12月16日(火) 9:50 開始
会場:ベルサール八重洲 2F
      東京都中央区八重洲 1-3-7 八重洲ファースト フィナンシャルビル
      http://www.bellesalle.co.jp/bs_yaesu/images/shikihai.html
費用:5,000円 (税込)

SecurityDay2008 への参加には、事前のお申し込みが必要です。参加費
は、当日会場受付での現金精算となりますので、予約完了後にメールで
送られる受講予約票を必ずご持参くださるようお願いいたします。

プログラム、参加申し込み等、詳細は以下の Web ページをご参照くだ
さい。

関連文書 (日本語)

SecurityDay2008
参加申し込み方法
http://securityday.jp/?register

JPCERT/CC
SecurityDay2008 開催のお知らせ
http://www.jpcert.or.jp/event/sec2008-seminar.html

■今週のひとくちメモ

○担当者が選ぶ 2008年の重大ニュース

2008年もいよいよ残り少なくなって参りました。今年もこの場をお借り
して、担当者が選んだコンピュータセキュリティにおける 2008年の重
大ニュースをご紹介いたします。

- DNS キャッシュポイズニング
  2008年7月 DNS キャッシュサーバの脆弱性に関する問題が大きな話題
  となりました。米国のセキュリティ研究者が効率的に DNS キャッシュ
  ポイズニングを行う手法を公開しました。同時に DNS サーバソフト
  ウエアのベンダーは対策版を公開し、DNS サーバ管理者は対策に追わ
  れることになりました。

    [続報] 複数の DNS サーバ製品におけるキャッシュポイズニングの脆弱性に関する注意喚起
    http://www.jpcert.or.jp/at/2008/at080014.txt

- 大規模 SQL インジェクションと手法の進化
  SQL インジェクションにより、正規のコンテンツに悪意あるサイトへ
  のリンクが埋め込まれるという事例が多発しました。IIS と SQL
  server の組み合わせに対する攻撃を行うツールやクッキーに SQL を
  埋め込んで攻撃する手法などが確認されています。

    SQL インジェクションによる Web サイト改ざんに関する注意喚起
    http://www.jpcert.or.jp/at/2008/at080005.txt

- Debian GNU/Linux の OpenSSL パッケージ問題
  2008年5月 Debian の OpenSSL ライブラリで生成される乱数が推測さ
  れやすい事が発覚しました。問題は 2006年5月の修正によって起こり、
  その後発見されないまま、放置されていました。「オープンソースの
  ソフトウエアでは多くの人によってコードをレビューされているため
  安全」という神話が崩れ去りました。

    OpenSSL パッケージの脆弱性とその影響について (SSH鍵、SSL証明書等)
    http://www.debian.or.jp/blog/openssl_package_and_its_vulnerability.html

- スパムメールが一時的に減少
  2008年11月 多くの C&C サーバをホスティングしていた McColo 
  社が上流 ISP によりインターネット接続を遮断されました。専門家
  の調査では、この直後にスパムメールの量が最大 75%減少しました。

    シリコンバレー スパム発信元疑惑の組織解体で世界のスパム送信量が 75%減少
    http://www.sophos.co.jp/pressoffice/news/articles/2008/11/slb-1112-McColo.html

- 迷惑メール対策 2法の改正
  2008年12月 特定電子メール法、特定商取引法が改正施行され、広告
  などのメールを送る事業者は、受信者の事前同意が必要となりました。
  これにより、事前に同意を得ていないユーザに広告宣伝メールを送信
  することは認められなくなりました。

    迷惑メール対策
    http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html
    http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/consumer/tokutei/meiwaku/index.html

- Google ストリートビューのサービス開始
  2008年8月 Google マップのストリートビューのサービスが日本で開
  始されました。便利なサービスとして評価される一方で、新たなプラ
  イバシー問題として議論を呼びました。また Google マイマップのデ
  フォルトの公開設定や、登録地点の管理方法などについても問題とな
  りました。

    Googleストリートビュー,面白いけど目的は何?
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080905/314188/?ST=cloud&P=1

- 無線 LAN の暗号解読
  無線 LAN で使用されている WEP について、以前より短時間で解読で
  きる手法が公開されました。2008年11月には WPA に対しても解読が
  可能という発表がありました。今後、無線 LAN を導入する場合は、
  WPA2 対応の機器を選定することをおすすめします。

    無線LANセキュリティ規格「WPA」突破――その対策は?
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/11/news083.html

- USB メモリを介したウイルス感染
  USB メモリを介したウイルス感染が大きな話題になりました。USB メ
  モリだけでなく、携帯音楽プレーヤやデジタルフォトフレームなども
  同様の感染経路となります。

    USB メモリを経由して感染するマルウェア
    http://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr080401.html#Memo

- 原田ウイルス作者逮捕
  2008年1月 主にファイル共有ソフト経由で流通する原田ウイルスの作
  者が逮捕され、著作権法違反と名誉毀損の罪で刑事告訴されました。
  現行の法制度ではウイルスを作成することを直接取り締まることがで
  きないという問題点が改めて浮き彫りになりました。

    ウイルス作者逮捕、「放流神」を騙る
    http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20080125nt0d.htm

- 標的型攻撃の増加と対策手法の強化
  JPCERT/CC や IPA などの調査によると標的型攻撃は今も増加してい
  ます。対策の一つとして、攻撃を模した無害なメールと添付ファイル
  を従業員に送信する「IT セキュリティ予防接種」などの訓練手法に
  注目が集まっています。

    標的型攻撃対策手法に関する調査報告書
    http://www.jpcert.or.jp/research/2008/inoculation_200808.pdf

今年一年 JPCERT/CC REPORT のご愛読、誠にありがとうございました。
年内の JPCERT/CC REPORT 発行はあと 2回です。

2009年も JPCERT/CC REPORT をよろしくお願いいたします。

■JPCERT/CC からのお願い

  • 本レポートに関するお問い合わせは editor@jpcert.or.jp 宛 にお願い致します。ただし、JPCERT/CC では、提供する情報について具体的な内容そのものについてのご質問にはお答えできない場合もあります。またバックナンバーは、以下の URL からご利用いただけます。
    https://www.jpcert.or.jp/wr/
  • 本メーリングリストの購読申込や購読停止、また登録した電子メールアドレスの変更などにつきましては、以下の URL を参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/announce.html
  • JPCERT/CC へのセキュリティインシデントの報告方法については以下の URLを参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/form/

Topへ

CSIRTマテリアル
STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2016
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english