JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > Weekly Report > 2010 > Weekly Report 2010-10-20号

最終更新: 2010-10-20

Weekly Report 2010-10-20号


JPCERT-WR-2010-4001
JPCERT/CC
2010-10-20

<<< JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2010-10-20 >>>

■10/10(日)〜10/16(土) のセキュリティ関連情報

目 次

【1】2010年10月 Microsoft セキュリティ情報について

【2】「Windows プログラムの DLL 読み込み処理に脆弱性」に関する追加情報

【3】2010年10月 Oracle Critical Patch Update について

【4】Oracle WebLogic Node Manager に脆弱性

【5】Opera ブラウザに脆弱性

【6】BlackBerry Enterprise Server および BlackBerry Professional Software にバッファオーバーフローの脆弱性

【7】Ghostscript に脆弱性

【8】SAP BusinessObjects Axis2 に脆弱性

【9】Internet Week 2010 のお知らせ

【10】C/C++ セキュアコーディングセミナー 2010 @東京 part4 のご案内

【今週のひとくちメモ】JP ゾーンの DNSSEC 署名開始

※紹介するセキュリティ関連情報の選定基準は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/

※PGP署名付きテキスト版および XML 版は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/2010/wr104001.txt
https://www.jpcert.or.jp/wr/2010/wr104001.xml

【1】2010年10月 Microsoft セキュリティ情報について

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA10-285A
Microsoft Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA10-285A.html

US-CERT Cyber Security Alert SA10-285A
Microsoft Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/alerts/SA10-285A.html

概要

Microsoft Windows、Office、Internet Explorer などの製品および関
連コンポーネントには複数の脆弱性があります。結果として、遠隔の第
三者が任意のコードを実行したり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行っ
たりする可能性があります。

この問題は、Microsoft Update などを用いて、セキュリティ更新プロ
グラムを適用することで解決します。

関連文書 (日本語)

2010 年 10 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-oct.mspx

Japan Vulnerability Notes JVNTA10-285A
Microsoft 製品における複数の脆弱性に対するアップデート
https://jvn.jp/cert/JVNTA10-285A/index.html

@police
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS10-071,072,073,074,075,076,077,078,079,080,081,082,083,084,085,086)
https://www.npa.go.jp/cyberpolice/topics/?seq=4899

JPCERT/CC Alert 2010-10-13 JJPCERT-AT-2010-0027
2010年10月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 4件含) に関する注意喚起
https://www.jpcert.or.jp/at/2010/at100027.txt

【2】「Windows プログラムの DLL 読み込み処理に脆弱性」に関する追加情報

情報源

Japan Vulnerability Notes JVN#82752978
Lhaplus における DLL 読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN82752978/index.html

Japan Vulnerability Notes JVN#18774708
Lhaplus における実行ファイル読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN18774708/index.html

Japan Vulnerability Notes JVN#88850043
Lhasa における実行ファイル読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN88850043/index.html

Japan Vulnerability Notes JVN#04665167
XacRett における実行ファイル読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN04665167/index.html

Japan Vulnerability Notes JVN#36921800
K2Editor における実行ファイル読み込みに関する脆弱性
https://jvn.jp/jp/JVN36921800/index.html

概要

JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2010-09-01 号【1】で紹介した「Windows プ
ログラムの DLL 読み込み処理に脆弱性」に関する追加情報です。

以下の各ソフトウエアには、DLL もしくは実行ファイル読み込み時の検
索パスの問題に起因する脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者
がプログラムを実行している権限で、任意のコードを実行する可能性が
あります。

対象となる製品およびバージョンは以下の通りです。

- Lhaplus 1.57 およびそれ以前
- Lhasa 0.19 およびそれ以前
- XacRett #49 およびそれ以前
- K2Editor r.1.5.8 およびそれ以前

この問題は、開発元が提供する修正済みのバージョンに各ソフトウエア
を更新することで解決します。

関連文書 (日本語)

Schezo
検索パスの問題に起因する脆弱性
http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/dll_vul.html

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
「Lhaplus」におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)の注意喚起
http://www.ipa.go.jp/about/press/20101012.html

竹村喜人(たけちん)
LHA & Zip extractor Lhasa ver0.20 for Win32(Oct.10,2010)
http://www.digitalpad.co.jp/~takechin/download.html#lhasa

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
「Lhasa」におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)の注意喚起
http://www.ipa.go.jp/about/press/20101012_2.html

kMonos.NET
On JVN#04665167 (XacRett #49 Vulnerability)
http://www.kmonos.net/lib/info/xacr49-vul.ja.html

K2 Software
K2 Software's Page
http://k2top.jpn.org/

JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2010-09-01 号
【1】Windows プログラムの DLL 読み込み処理に脆弱性
https://www.jpcert.or.jp/wr/2010/wr103301.html#1

【3】2010年10月 Oracle Critical Patch Update について

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA10-287A
Oracle Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA10-287A.html

概要

Oracle から複数の製品およびコンポーネントに含まれる脆弱性に対応
した Oracle Critical Patch Update Advisory - October 2010 が公開
されました。この修正には、JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2010-08-11 号
【6】で紹介した問題に対する解決策も含まれています。また、Java に
対する修正も同時にリリースされています。

詳細については Oracle が提供する情報を参照してください。

関連文書 (日本語)

Oracle Technology Network
セキュリティアラート
http://www.oracle.com/technology/global/jp/deploy/security/alerts.htm

Oracle internet Support Center
[CPUOct2010] Oracle Critical Patch Update Advisory - October 2010
http://support.oracle.co.jp/krown_external/oisc_showDoc.do?id=147902

Oracle Technology Network
Critical Patch Update - October 2010
http://www.oracle.com/technology/global/jp/security/101015_92/top.html

Japan Vulnerability Notes JVNTA10-287A
Oracle 製品における複数の脆弱性に対するアップデート
https://jvn.jp/cert/JVNTA10-287A/index.html

JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2010-08-11 号
【6】Oracle Siebel Option Pack for IE ActiveX コントロールに脆弱性
https://www.jpcert.or.jp/wr/2010/wr103001.html#6

関連文書 (英語)

The Oracle Global Product Security Blog
October 2010 and Java Critical Patch Updates Released
http://blogs.oracle.com/security/2010/10/october_2010_and_java_critical.html

Oracle Technology Network
Oracle Java SE and Java for Business Critical Patch Update Advisory - October 2010
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/javacpuoct2010-176258.html

【4】Oracle WebLogic Node Manager に脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#924300
Oracle WebLogic Node Manager allows arbitrary configuration via UNC path
http://www.kb.cert.org/vuls/id/924300

概要

Oracle WebLogic Node Manager には、脆弱性があります。結果として、
遠隔の第三者が任意のコマンドを実行する可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Oracle WebLogic Node Manager 10.3.3 およびそれ以前

2010年10月19日現在、この問題に対する解決策は提供されていません。

回避策としては、Node Manager サービスへの接続を制限するなどの方
法があります。

関連文書 (日本語)

Oracle
Oracle WebLogic Server
http://www.oracle.com/technology/global/jp/products/weblogic/index.html

Japan Vulnerability Notes JVNVU#924300
Oracle WebLogic Node Manager に脆弱性
https://jvn.jp/cert/JVNVU924300/index.html

【5】Opera ブラウザに脆弱性

情報源

Opera
Opera 10.63 for Windows changelog
http://www.opera.com/docs/changelogs/windows/1063/

Opera
Opera 10.63 for Mac changelog
http://www.opera.com/docs/changelogs/mac/1063/

Opera
Opera 10.63 for UNIX changelog
http://www.opera.com/docs/changelogs/unix/1063/

概要

Opera ブラウザには脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者が任
意のコードを実行したり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行ったりす
る可能性があります。
 
対象となるバージョンは以下の通りです。
 
- Opera ブラウザ 10.62 およびそれ以前

この問題は、Opera Software が提供する修正済みのバージョンに 
Opera ブラウザを更新することで解決します。

【6】BlackBerry Enterprise Server および BlackBerry Professional Software にバッファオーバーフローの脆弱性

情報源

US-CERT Current Activity Archive
RIM Releases Security Advisory for BlackBerry Enterprise Server
http://www.us-cert.gov/current/archive/2010/10/15/archive.html#rim_releases_security_advisory_for

概要

BlackBerry Enterprise Server および BlackBerry Professional 
Software の PDF 表示機能には、バッファオーバーフローの脆弱性があ
ります。結果として、遠隔の第三者が細工した PDF ファイルをユーザ
に閲覧させることで、BlackBerry Attachment Service を実行するサー
バ上で任意のコードを実行したり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行っ
たりする可能性があります。

対象となる製品およびバージョンは以下の通りです。

- Microsoft Exchange 用の BlackBerry Enterprise Server Express 
  5.0.2
- Microsoft Exchange 用の BlackBerry Enterprise Server 5.0.2、
  5.0.1、5.0.0、4.1.7 およびそれ以前
- IBM Lotus Domino 用の BlackBerry Enterprise Server 5.0.2、
  5.0.1、5.0.0、4.1.7 およびそれ以前
- Novell GroupWise 用の BlackBerry Enterprise Server 5.0.1、4.1.7 
  およびそれ以前
- Microsoft Exchange 用および IBM Lotus Domino 用の BlackBerry 
  Professional Software 4.1.4 およびそれ以前

この問題は、Research In Motion が提供する修正済みのバージョンに、
該当する製品を更新することで解決します。詳細については、Research 
In Motion が提供する情報を参照してください。

関連文書 (英語)

Research In Motion - Security Advisory KB24547
Vulnerability in the PDF distiller of the BlackBerry Attachment Service for the BlackBerry Enterprise Server
http://www.blackberry.com/btsc/search.do?cmd=displayKC&docType=kc&externalId=KB24547

【7】Ghostscript に脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#538191
Ghostscript crashes when passing a null ipsp->ip value to the gs_type2_interpret function
http://www.kb.cert.org/vuls/id/538191

概要

Ghostscript には、入力値検証が不十分なことに起因する脆弱性があり
ます。結果として、遠隔の第三者が細工した PDF 文書を閲覧させるこ
とでサービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行う可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Ghostscript 8.71 より前のバージョン

この問題は、使用している OS のベンダや配布元が提供する修正済みの
バージョンに Ghostscript を更新することで解決します。

関連文書 (日本語)

Japan Vulnerability Notes JVNVU#538191
Ghostscript にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
https://jvn.jp/cert/JVNVU538191/index.html

関連文書 (英語)

Artifex Software
http://www.artifex.com/

ghostscript.com
[gs-commits] rev 10590 - trunk/gs/base
http://ghostscript.com/pipermail/gs-cvs/2010-January/010333.html

ghostscript.com
GPL Ghostscript 8
http://www.ghostscript.com/GPL_Ghostscript_8.71.html

【8】SAP BusinessObjects Axis2 に脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#989719
SAP BusinessObjects Axis2 Default Admin Password
http://www.kb.cert.org/vuls/id/989719

概要

SAP BusinessObjects Axis2 には、管理用アカウントに起因する脆弱性
があります。結果として、遠隔の第三者が Axis2 コンポーネントにロ
グインして細工した Web サービス (jar) をアップロードすることで、
再起動後に任意のコードを実行する可能性があります。

対象となる製品は以下の通りです。

- SAP BusinessObjects Axis2

この問題は、SAP が提供する修正済みのバージョンに SAP 
BusinessObjects Axis2 を更新することで解決します。

関連文書 (日本語)

Japan Vulnerability Notes JVNVU#989719
SAP BusinessObjects Axis2 におけるデフォルトパスワードの問題
https://jvn.jp/cert/JVNVU989719/index.html

関連文書 (英語)

SAP
SAP Security Note 1432881 (Registered Users Only)
https://service.sap.com/sap/support/notes/1432881

【9】Internet Week 2010 のお知らせ

情報源

Internet Week 2010
https://internetweek.jp/

概要

2010年11月24日(水)より 26日(金)まで、富士ソフトアキバプラザにて 
JPNIC 主催の Internet Week 2010 が開催されます。JPCERT/CC は後援
団体に加わるとともに、プログラムの企画・運営に協力しています。

参加登録については、以下の「参加申込」ページをご参照ください。割
引料金でご参加いただける事前登録の受付は 11月12日(金) 18:00 まで
となっています。

二日目の午後に行われるセッション S14 では、「セキュリティオペレー
ション2010 〜現場から見たインシデント対応 - ISOG-J における連携
の試み〜」と題し、2010年のインシデントの状況と対応防御の実際を、
SOC (セキュリティオペレーションセンター) で収集されたデータや、
実際のインシデント対応の実例を基に紹介します。

関連文書 (日本語)

Internet Week 2010 - 参加申込
https://internetweek.jp/apply/

Internet Week 2010
S14: セキュリティオペレーション2010 〜現場から見たインシデント対応 - ISOG-J における連携の試み〜
https://internetweek.jp/program/s14/

【10】C/C++ セキュアコーディングセミナー 2010 @東京 part4 のご案内

情報源

JPCERT/CC
C/C++ セキュアコーディングセミナー 2010 @東京 のご案内
https://www.jpcert.or.jp/event/securecoding-TKO-seminar.html

概要

JPCERT コーディネーションセンターは、C/C++ 言語で脆弱性を含まな
い安全なプログラムをコーディングする具体的なテクニックとノウハウ
を学んでいただく「C/C++ セキュアコーディングセミナー」を開催して
います。

11月に東京で開催する part4 の募集を開始しました。part4 でとりあ
げるトピックは動的メモリ管理です。皆様のご参加をお待ちしています。

  [日時] part4 <動的メモリ管理>
         2010年11月10日(水)

         13:00 -       受付開始
         13:30 - 16:00 動的メモリ管理 - 講義
         16:00 - 18:15 動的メモリ管理 - 演習

  [会場] 株式会社インターネットイニシアティブ大会議室1
         東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 17階
         (MAP) https://www.jpcert.or.jp/event/img/seminar_map.gif

  [定員] 70名/回
          (参加者多数の場合はお申し込み先着順となります)

  [対象] C/C++言語でのソフトウェア開発に携わるプログラマ、プロ
          ジェクトマネージャ、コードレビュアー、品質管理担当者、
          プログラマ・エンジニアの教育担当者、等

関連文書 (日本語)

JPCERT/CC
C/C++ セキュアコーディングセミナー 2010 @ 東京 お申し込み
https://www.jpcert.or.jp/event/securecoding-TKO-application.html

■今週のひとくちメモ

○JP ゾーンの DNSSEC 署名開始

2010年10月17日より、JP ゾーンへの DNSSEC 署名が開始されました。
これにより、JP ゾーンのレコードに関する DNS 問い合わせで DO ビッ
トを有効にしている場合、 応答のなかに署名レコードも含まれるよう
になります。

BIND9 (9.3 以降) や Unbound などは、DNSSEC 対応機能の設定内容に
関わらず、問い合わせパケットの DO ビットを有効にしているため、こ
れらをキャッシュサーバに使っている場合には、通信帯域やメモリ使用
量の増加が想定されます。ご使用中の DNS キャッシュサーバの稼働状
況を確認することをお勧めします。

参考文献 (日本語)

JPRS
JPゾーンにおけるDNSSEC署名の開始による影響について
http://jprs.jp/tech/notice/2010-10-15-jp-dnssec.html

JANOG
あなたのDNS運用は来るべきDNSSEC時代に耐えられますか
http://www.janog.gr.jp/meeting/janog24/program/d1p4.html

JPCERT/CC
【今週のひとくちメモ】JP ゾーンへの DNSSEC 導入
https://www.jpcert.or.jp/wr/2010/wr103501.html#Memo

■JPCERT/CC からのお願い

  • 本レポートに関するお問い合わせは editor@jpcert.or.jp 宛 にお願い致します。ただし、JPCERT/CC では、提供する情報について具体的な内容そのものについてのご質問にはお答えできない場合もあります。またバックナンバーは、以下の URL からご利用いただけます。
    https://www.jpcert.or.jp/wr/
  • 本メーリングリストの購読申込や購読停止、また登録した電子メールアドレスの変更などにつきましては、以下の URL を参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/announce.html
  • JPCERT/CC へのセキュリティインシデントの報告方法については以下の URLを参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/form/

Topへ

CSIRTマテリアル
STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2016
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english