JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > Weekly Report > 2008 > Weekly Report 2008-11-19号

最終更新: 2008-11-19

Weekly Report 2008-11-19号


JPCERT-WR-2008-4501
JPCERT/CC
2008-11-19

<<< JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2008-11-19 >>>

■11/09(日)〜11/15(土) のセキュリティ関連情報

目 次

【1】2008年11月 Microsoft セキュリティ情報について

【2】Mozilla 製品群に複数の脆弱性

【3】Safari に複数の脆弱性

【4】トレンドマイクロ ServerProtect に複数の脆弱性

【今週のひとくちメモ】無線 LAN のセキュリティ

※紹介するセキュリティ関連情報の選定基準は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/

※PGP署名付きテキスト版および XML 版は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr084501.txt
https://www.jpcert.or.jp/wr/2008/wr084501.xml

【1】2008年11月 Microsoft セキュリティ情報について

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA08-316A
Microsoft Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA08-316A.html

US-CERT Cyber Security Alert SA08-316A
Microsoft Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/alerts/SA08-316A.html

CIAC Bulletin T-024
Vulnerability in Server Message Block (SMB)
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/t-024.shtml

CIAC Bulletin T-025
Vulnerabilities in Microsoft XML Core Services
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/t-025.shtml

概要

Microsoft Windows、Microsoft Office、および Microsoft XML コアサー
ビスには、複数の脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者が任意
のコードを実行したり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行ったりする
可能性があります。

詳細については、Microsoft が提供する情報を参照してください。

この問題は、Microsoft Update などを用いて、セキュリティ更新プロ
グラムを適用することで解決します。

関連文書 (日本語)

2008 年 11 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-nov.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-068 - 重要
SMB の脆弱性により、リモートでコードが実行される (957097)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-068.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-069 - 緊急
Microsoft XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (955218)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-069.mspx

Japan Vulnerability Notes JVNTA08-316A
Microsoft 製品における複数の脆弱性に対するアップデート
http://jvn.jp/cert/JVNTA08-316A/index.html

@police
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS08-068,069)
http://www.cyberpolice.go.jp/important/2008/20081112_120103.html

JPCERT/CC Alert 2008-11-12
2008年11月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 1件含) に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2008/at080021.txt

【2】Mozilla 製品群に複数の脆弱性

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA08-319A
Mozilla Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA08-319A.html

US-CERT Cyber Security Alert SA08-319A
Mozilla Updates for Multiple Vulnerabilities
http://www.us-cert.gov/cas/alerts/SA08-319A.html

CERT/CC Current Activity Archive
Mozilla Releases Updates to Address Vulnerabilities in Multiple Products
http://www.us-cert.gov/current/archive/2008/11/13/archive.html#mozilla_releases_updates_to_address

概要

Mozilla Firefox をはじめとする Mozilla 製品群には、複数の脆弱性
があります。結果として、遠隔の第三者が細工した HTML 文書をユーザ
に閲覧させることで、任意のコードを実行したり、サービス運用妨害
(DoS) 攻撃やクロスサイトスクリプティング攻撃を行ったりするなどの
可能性があります。

対象となる製品は以下の通りです。

- Firefox
- Thunderbird
- SeaMonkey

その他に Mozilla コンポーネントを用いている製品も影響を受ける可
能性があります。

この問題は、使用している OS のベンダや配布元が提供する修正済みの
バージョンに、該当する製品を更新することで解決します。Mozilla か
らは、この問題の修正として以下のバージョンが公開されています。

- Firefox 3.0.4
- Firefox 2.0.0.18
- SeaMonkey 1.1.13

なお、2008年11月18日現在、Thunderbird の修正プログラムは提供され
ていません。詳細については、OS のベンダや配布元が提供する情報を
参照してください。

また、Firefox 2.0.0.x のサポートについては、2008年12月中旬までの
予定です。Firefox 2.0.0.x ユーザは、この機会に Firefox 3 へ移行
することをおすすめします。

関連文書 (日本語)

Japan Vulnerability Notes JVNTA08-319A
Mozilla 製品における複数の脆弱性に対するアップデート
http://jvn.jp/cert/JVNTA08-319A/index.html

Mozilla Japan
Firefox 2 リリースノート - Firefox 2.0.0.18 の新機能と改良点
http://mozilla.jp/firefox/2.0.0.18/releasenotes/

Mozilla Japan
Firefox 3 リリースノート - バージョン 3.0.4 - 2008/11/12 リリース
http://mozilla.jp/firefox/3.0.4/releasenotes/

Mozilla Japan
Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ
http://www.mozilla-japan.org/security/announce/

関連文書 (英語)

SeaMonkey Project
SeaMonkey 1.1.13
http://www.seamonkey-project.org/releases/seamonkey1.1.13/

Red Hat Security Advisory RHSA-2008:0978-6
Critical: firefox security update
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2008-0978.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2008:0977-6
Critical: seamonkey security update
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2008-0977.html

【3】Safari に複数の脆弱性

情報源

Apple Support
About the security content of Safari 3.2
http://support.apple.com/kb/HT3298

概要

Safari には、複数の脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者が
任意のコードを実行したり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を行ったり
する可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Safari 3.1.1 for Windows 
- Safari 3.1.1 for Mac OS X 

この問題は、Apple が提供する修正済みのバージョン Safari 3.2 に更
新することで解決します。なお、本リリースで詐欺サイトを警告する機
能や EV SSL 対応などのセキュリティ機能の改善も行われました。

関連文書 (日本語)

Apple ダウンロード
Safari 3.2
http://www.apple.com/jp/safari/download/

【4】トレンドマイクロ ServerProtect に複数の脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#768681
Trend Micro ServerProtect contains multiple vulnerabilities
http://www.kb.cert.org/vuls/id/768681

概要

トレンドマイクロ ServerProtect には、複数の脆弱性があります。結
果として、遠隔の第三者が ServerProtect のアカウントまたは管理者
の権限で任意のコマンドを実行したり、機密情報を取得したりする可能
性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Trend Micro ServerProtect 5.58 および 5.7

2008年11月18日現在、トレンドマイクロからは ServerProtect の修正
プログラムが提供されておりますが、その修正が完全ではないとの報告
もあります。詳細については、今後トレンドマイクロが提供する情報を
参照してください。

関連文書 (日本語)

トレンドマイクロ
ServerProtect for WindowsNT/NetWare
http://www.trendmicro.co.jp/download/product.asp?productid=17

■今週のひとくちメモ

○無線 LAN のセキュリティ

WPA と WPA2 はそれぞれ暗号化と認証の機能を有しています。WPA 対応
機器では TKIP (RC4) が使用可能であること、WPA2 対応機器では、よ
り暗号強度の高い CCMP (AES) が使用可能であることとされています。

ただし、WPA2 対応機器であってもほとんどの場合、既存の機器との後
方互換性のため、TKIP (RC4) にも対応しています。

例えば、WPA 対応機器と WPA2 対応機器が混在している場合、WPA2 対
応機器を使用しているからといって、必ずしも CCMP (AES) を使ってい
るとは限りません。WPA2 対応機器のみで構成されるネットワークでは 
CCMP (AES) のみを使う設定にする事を推奨します。

参考文献 (日本語)

JPCERT/CC REPORT 2007-08-29
【今週のひとくちメモ】無線 LAN のセキュリティ (WEP、WPA、WPA2)
http://www.jpcert.or.jp/wr/2007/wr073301.html#Memo

■JPCERT/CC からのお願い

  • 本レポートに関するお問い合わせは editor@jpcert.or.jp 宛 にお願い致します。ただし、JPCERT/CC では、提供する情報について具体的な内容そのものについてのご質問にはお答えできない場合もあります。またバックナンバーは、以下の URL からご利用いただけます。
    https://www.jpcert.or.jp/wr/
  • 本メーリングリストの購読申込や購読停止、また登録した電子メールアドレスの変更などにつきましては、以下の URL を参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/announce.html
  • JPCERT/CC へのセキュリティインシデントの報告方法については以下の URLを参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/form/

Topへ

CSIRTマテリアル
パスワードリスト攻撃による不正ログイン防止
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english