JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > Weekly Report > 2006 > Weekly Report 2006-10-18号

最終更新: 2006-10-18

Weekly Report 2006-10-18号


JPCERT-WR-2006-4002
JPCERT/CC
2006-10-18

<<< JPCERT/CC WEEKLY REPORT 2006-10-18 >>>

■10/08(日)〜10/14(土) のセキュリティ関連情報

目 次

【1】Microsoft Windows, Office, Internet Explorer に複数の脆弱性

【2】TrendMicro OfficeScan に脆弱性

【3】Adobe ColdFusion MX 7 に権限昇格の脆弱性

【4】X Window System に複数の脆弱性

【5】HP Version Control Agent に脆弱性

【6】Kmail CGI に認証回避の脆弱性

【7】JPCERT/CC 主催 C/C++ セキュアコーディングセミナーのご案内

【今週のひとくちメモ】CSIRT の活動内容の制限について

※紹介するセキュリティ関連情報の選定基準は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/

※PGP署名付きテキスト版および XML 版は以下のページをご覧ください。
https://www.jpcert.or.jp/wr/2006/wr064002.txt
https://www.jpcert.or.jp/wr/2006/wr064002.xml

【1】Microsoft Windows, Office, Internet Explorer に複数の脆弱性

情報源

US-CERT Technical Cyber Security Alert TA06-283A
Microsoft Updates for Vulnerabilities in Windows, Office, and Internet Explorer
http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA06-283A.html

US-CERT Cyber Security Alert SA06-283A
Microsoft Updates for Vulnerabilities in Windows, Office, and Internet Explorer
http://www.us-cert.gov/cas/alerts/SA06-283A.html

US-CERT Vulnerability Note VU#187028
Microsoft PowerPoint fails to properly handle malformed object pointers
http://www.kb.cert.org/vuls/id/187028

US-CERT Vulnerability Note VU#938196
Microsoft PowerPoint fails to properly handle malformed data records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/938196

US-CERT Vulnerability Note VU#205948
Microsoft PowerPoint malformed record memory corruption
http://www.kb.cert.org/vuls/id/205948

US-CERT Vulnerability Note VU#706668
Microsoft Excel fails to properly process malformed DATETIME records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/706668

US-CERT Vulnerability Note VU#143292
Microsoft Excel fails to properly process malformed STYLE records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/143292

US-CERT Vulnerability Note VU#703936
Microsoft Object Packager fails to properly display file types
http://www.kb.cert.org/vuls/id/703936

US-CERT Vulnerability Note VU#252500
Microsoft Excel fails to properly process malformed COLINFO records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/252500

US-CERT Vulnerability Note VU#821772
Microsoft Excel fails to properly handle Lotus 1-2-3 files
http://www.kb.cert.org/vuls/id/821772

US-CERT Vulnerability Note VU#455604
Microsoft .NET Framework contains a cross-site scripting vulnerability
http://www.kb.cert.org/vuls/id/455604

US-CERT Vulnerability Note VU#547212
Microsoft XML Core Services XMLHTTP ActiveX control fails to properly interpret certain HTTP operations
http://www.kb.cert.org/vuls/id/547212

US-CERT Vulnerability Note VU#820628
Microsoft Server Service fails to properly handle network messages
http://www.kb.cert.org/vuls/id/820628

US-CERT Vulnerability Note VU#534276
Microsoft Office fails to properly parse malformed chart records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/534276

US-CERT Vulnerability Note VU#176556
Microsoft Office fails to properly parse malformed records
http://www.kb.cert.org/vuls/id/176556

US-CERT Vulnerability Note VU#234900
Microsoft Office fails to properly parse malformed strings
http://www.kb.cert.org/vuls/id/234900

US-CERT Vulnerability Note VU#807780
Microsoft Office fails to properly parse malformed Smart Tags
http://www.kb.cert.org/vuls/id/807780

US-CERT Vulnerability Note VU#921300
Microsoft Word vulnerable to remote code execution
http://www.kb.cert.org/vuls/id/921300

US-CERT Vulnerability Note VU#562788
Microsoft XML Core Services contain a buffer overflow in the XSLT component
http://www.kb.cert.org/vuls/id/562788

US-CERT Vulnerability Note VU#806548
Microsoft Word 2000 malformed record vulnerability
http://www.kb.cert.org/vuls/id/806548

CIAC Bulletin R-007
Vulnerability in Windows Explorer
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-007.shtml

CIAC Bulletin R-008
Vulnerabilities in Microsoft PowerPoint
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-008.shtml

CIAC Bulletin R-009
Vulnerabilities in Microsoft Excel
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-009.shtml

CIAC Bulletin R-010
Vulnerabilities in Microsoft Word
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-010.shtml

CIAC Bulletin R-011
Vulnerabilities in Microsoft XML Core Services
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-011.shtml

CIAC Bulletin R-012
Vulnerabilities in Microsoft Office
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-012.shtml

CIAC Bulletin R-013
Vulnerability in ASP.NET 2.0
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-013.shtml

CIAC Bulletin R-014
Vulnerability in Windows Object Packager
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-014.shtml

概要

Microsoft Windows, Office, Internet Explorer には複数の脆弱性があ
ります。結果として、遠隔の第三者により任意のコードを実行されるな
ど様々な影響を受ける可能性があります。

この問題は、Microsoft が提供するセキュリティ更新プログラムを適用
することで解決します。なお、MS06-061 の問題を修正する際、環境に
よっては複数のセキュリティ更新プログラムを適用する必要があります。

詳細については、ベンダが提供する情報を参照してください。

関連文書 (日本語)

JP Vendor Status Notes JVNTA06-283A
Microsoft Windows, Office, Internet Explorer に関する脆弱性
http://jvn.jp/cert/JVNTA06-283A/index.html

JPCERT/CC Alert 2006-10-11
2006年10月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急6件含) に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2006/at060017.txt

2006 年 10 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-oct.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
ASP.NET 2.0 の脆弱性により、情報漏えいが起こる (922770) (MS06-056)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-056.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Windows Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される (923191) (MS06-057)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-057.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Microsoft PowerPoint の脆弱性により、リモートでコードが実行される (924163) (MS06-058)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-058.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (924164) (MS06-059)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-059.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される (924554) (MS06-060)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-060.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Microsoft XML コア サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (924191) (MS06-061)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-061.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (922581) (MS06-062)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-062.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Server サービスの脆弱性により、サービス拒否およびリモートでのコードの実行が起こる (923414) (MS06-063)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-063.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
TCP/IP IPv6 の脆弱性により、サービス拒否が起こる (922819) (MS06-064)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-064.mspx

マイクロソフト セキュリティ情報
Windows オブジェクト パッケージャの脆弱性により、リモートでコードが実行される (924496) (MS06-065)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-065.mspx

@police
マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS06-056,057,058,059,060,061,062,063,064,065)(10/11)
http://www.cyberpolice.go.jp/important/2006/20061011_065033.html

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
Windows の Server サービスの脆弱性(MS06-063)について
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20061011-ms06-063.html

【2】TrendMicro OfficeScan に脆弱性

情報源

US-CERT Vulnerability Note VU#788860
Trend Micro OfficeScan Management Console ActiveX control format string vulnerability
http://www.kb.cert.org/vuls/id/788860

CIAC Bulletin R-017
TrendMicro OfficeScan
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-017.shtml

概要

Trendmicro OfficeScan Corporate Edition には書式文字列の処理に起
因する脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者に任意のコードを
実行されるなどの影響を受ける可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Trendmicro OfficeScan Corporate Edition 7.3

この問題は Trendmicro が提供するパッチを適用することで解決します。

関連文書 (英語)

OfficeScan Corporate Edition(TM) version 7.3 Patch 1 - build 1146
http://www.trendmicro.com/ftp/documentation/readme/osce_73_win_en_patch1_readme.txt

Layered Defense Security Advisories
Layered Defense Research Advisory 1 October 2006
http://www.layereddefense.com/TREND01OCT.html

【3】Adobe ColdFusion MX 7 に権限昇格の脆弱性

情報源

CIAC Bulletin R-015
Patch available for ColdFusion MX 7
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-015.shtml

概要

Adobe ColdFusion MX 7 には権限昇格の脆弱性があります。結果として、
ローカルユーザにより SYSTEM の権限で任意のコードを実行される可能
性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- ColdFusion MX 7
- ColdFusion MX 7.0.1
- ColdFusion MX 7.0.2

この問題は、ベンダが提供するアップデータに ColdFusion MX 7 を更
新することで解決します。

関連文書 (英語)

Adobe Security bulletin
Patch available for ColdFusion MX 7 local privilege escalation
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb06-17.html

【4】X Window System に複数の脆弱性

情報源

CIAC Bulletin R-005
xfree86 Several Vulnerabilities
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-005.shtml

概要

X Window System の実装である XFree86 および X.Org には整数オーバー
フローをはじめとする複数の脆弱性があります。結果として、遠隔の第
三者により任意のコードを実行されるなど様々な影響を受ける可能性が
あります。

この問題は、使用している OS のベンダや配布元が提供する修正済みの
パッケージに X Window System を更新することで解決します。

関連文書 (英語)

Debian Security Advisory DSA-1193-1
xfree86 -- several vulnerabilities
http://www.debian.org/security/2006/dsa-1193

X.Org security advisory:
setuid return value check problems
http://lists.freedesktop.org/archives/xorg/2006-June/016146.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2006:0500-10
Moderate: freetype security update
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2006-0500.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2006:0634-2
Important: xorg-x11 security update
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2006-0634.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2006:0635-2
Important: XFree86 security update
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2006-0635.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2006:0665-3
Important: xorg-x11 security update
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2006-0665.html

Red Hat Security Advisory RHSA-2006:0666-4
Important: XFree86 security update
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2006-0666.html

【5】HP Version Control Agent に脆弱性

情報源

CIAC Bulletin R-016
HP Version Control Agent
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/r-016.shtml

概要

HP Version Control Agent には脆弱性があります。結果として、遠隔
の HP Version Control Agent ユーザにより HP Version Control
Repository Manager が不正にアクセスされる可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- Linux および Windows 上で動作する HP Version Control Agent バー
  ジョン 2.1.5 より前のバージョン

この問題は、ベンダが提供するパッチを適用することで解決します。

関連文書 (英語)

SUPPORT COMMUNICATION - SECURITY BULLETIN c00786136
HPSBMA02158 SSRT061251 rev.1 - HP Version Control Agent, Remote Unauthorized Access and Possible Elevation of Privilege (登録が必要です)
http://www2.itrc.hp.com/service/cki/docDisplay.do?docId=c00786136

【6】Kmail CGI に認証回避の脆弱性

情報源

JP Vendor Status Notes JVN#41241092
Kmail CGI における認証回避の脆弱性
http://jvn.jp/jp/JVN%2341241092/index.html

概要

携帯電話向けのウェブメールシステムである Kmail CGI には、ユーザ
認証を回避される脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者により 
Kmail CGI のユーザ認証を回避され、 利用者のメールを閲覧されたり、
削除されたりする可能性があります。

対象となるバージョンは以下の通りです。

- バージョン 1.0.3 およびそれ以前

この問題は、使用している OS のベンダや配布元が提供する最新のバー
ジョンに Kmail CGI を更新することで解決します。

関連文書 (日本語)

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
JVN#41241092「Kmail CGI」における認証回避の脆弱性
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2006/JVN_41241092_KmailCGI.html

Kmail CGI 新バージョンの提供について
http://www.futomi.com/library/info/20061012.html

【7】JPCERT/CC 主催 C/C++ セキュアコーディングセミナーのご案内

情報源

JPCERT/CC
脆弱性のない安全なプログラムを開発するために
http://www.jpcert.or.jp/seminar.html

概要

JPCERT コーディネーションセンターは、C/C++ 言語で脆弱性を含まな
い安全なプログラムをコーディングする具体的なテクニックとノウハウ
を学んでいただくためのセミナーを以下のとおり開催します。

従来のプログラミング教育は、基本的なアルゴリズムをどのようにコー
ディングするかが主なものでした。そのため、基本的な C/C++ 言語に
よるプログラミングは、予期せぬ脆弱性を多く含む結果を招いています。
このセミナーを受講することにより、ソフトウエアの脆弱性によるリス
クの把握ができるようになり、安全なソフトウエア開発への投資の意義
が理解できるようになります。特定のアプリケーションに限らず C/C++ 
言語を使って安全なプログラムを開発する業務に携わる全ての方を対象
としています。

    詳細については  http://www.jpcert.or.jp/seminar.html

なお、早期割引の申込みが 10月26日(木) までとなっております。
受講ご希望の方はお早めにお申し込みください。

【講  師】ロバート・C・シーコード ( Robert C. Seacord ) 氏 
【対象者】C/C++ 言語による開発、メンテナンスに携わる方、プログラムマネージャ
【開催日】(1) 2006年11月 9日(木) 9:30 - 18:00
          (2) 2006年11月10日(金) 9:30 - 18:00
          ※セミナーは同内容です。いずれか 1日をお選びください。
【受講料】10月26日まで早期割引  40,000円(税込)
          10月27日から通常価格  50,000円(税込)
          ※昼食は含まれません
【申込方法】 アスキービジネス オンラインサイトよりお申し込みください
             http://ascii-business.com/abiz/jpcert/form.html

■今週のひとくちメモ

○CSIRT の活動内容の制限について

CSIRT (Computer Security Incident Response Team) には、
constituency (サービス対象) だけではなく、CSIRT の活動目的や所属
する組織、所属する国の法的な制限などにより、活動内容および活動範
囲はそれぞれ異なり、場合によっては実施することが不可能な活動があ
ります。

たとえば、JPCERT/CC の活動目的はインシデントの予防、再発防止およ
び影響範囲の拡大防止の観点からシステム運用管理の技術的な支援を行
なうことであり、法的な拘束力の行使ではありません。そのため、行為
者の特定や懲罰、被害者の救済等の活動は行っておらず、また、要求さ
れた場合でも対応できないことがあります。

インシデント対応の一環として、インシデント当事者に関係する CSIRT
に連絡を行う際には、事前に連絡先 CSIRT の活動内容や制限を把握し
ておくことをお勧めします。

参考文献 (日本語)

JPNIC・JPCERT/CC Security Seminar 2005 講演資料
インシデントレスポンス概論
http://www.jpcert.or.jp/present/2005/IncidentResponseOverview2005.pdf

JPCERT/CC REPORT 2006-10-12号 [今週の一口メモ]
CSIRT の種類について
http://www.jpcert.or.jp/wr/2006/wr063901.txt

参考文献 (英語)

CERT/CC
CSIRT Documents
http://www.cert.org/csirts/national/documents.html

■JPCERT/CC からのお願い

  • 本レポートに関するお問い合わせは editor@jpcert.or.jp 宛 にお願い致します。ただし、JPCERT/CC では、提供する情報について具体的な内容そのものについてのご質問にはお答えできない場合もあります。またバックナンバーは、以下の URL からご利用いただけます。
    https://www.jpcert.or.jp/wr/
  • 本メーリングリストの購読申込や購読停止、また登録した電子メールアドレスの変更などにつきましては、以下の URL を参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/announce.html
  • JPCERT/CC へのセキュリティインシデントの報告方法については以下の URLを参照してください。
    https://www.jpcert.or.jp/form/

Topへ