JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > 注意喚起 > 2017 > Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB17-02) に関する注意喚起

最終更新: 2017-01-11

Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB17-02) に関する注意喚起


各位

                                                   JPCERT-AT-2017-0002
                                                             JPCERT/CC
                                                            2017-01-11

                  <<< JPCERT/CC Alert 2017-01-11 >>>

       Adobe Flash Player の脆弱性 (APSB17-02) に関する注意喚起

            https://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170002.html


I. 概要

  Adobe Systems 社から Adobe Flash Player に関する脆弱性の情報
(APSB17-02) が公開されました。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開い
た場合、リモートからの攻撃によって Adobe Flash Player が不正終了したり、
任意のコードが実行されたりする恐れがあります。脆弱性の詳細については、
Adobe Systems 社の情報を確認してください。

    Security updates available for Adobe Flash Player
    https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb17-02.html


II. 対象

  対象となる製品とバージョンは以下の通りです。

  - Adobe Flash Player Desktop Runtime (24.0.0.186) およびそれ以前
    (Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
  - Adobe Flash Player for Google Chrome (24.0.0.186) およびそれ以前
  - Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (24.0.0.186) およびそれ以前 
    (Windows 10 および Windows 8.1)

  お使いの Adobe Flash Player のバージョンは、以下のページで確認できま
す。

    Adobe Flash Player:Version Information
    http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/


III. 対策

  Adobe Flash Player を以下の最新のバージョンに更新してください。

  - Adobe Flash Player Desktop Runtime (24.0.0.194)
    (Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari など)
  - Adobe Flash Player for Google Chrome (24.0.0.194)
  - Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11 (24.0.0.194) 
    (Windows 10 および Windows 8.1)

    Adobe Flash Player ダウンロードセンター
    https://get.adobe.com/jp/flashplayer/

  ブラウザに同梱されているなど、Adobe Systems 社以外の配布元より提供さ
れる場合には、配布元からの情報に注意してください。なお、以下のブラウザ
について、Adobe Flash Player が同梱されています。

  - Internet Explorer 11 (Windows 8.1 及び Windows 10)
  - Microsoft Edge (Windows 10)
  - Google Chrome

  Internet Explorer 11 や Microsoft Edge では、Windows Update などで最
新の Adobe Flash Player が更新プログラムとして提供されます。Google 
Chrome は、Google Chrome のアップデート時に、Adobe Flash Player が更新
されます。詳細は、以下の情報を参照してください。

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-003 - 緊急 
    Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-003

※ Internet Explorer 以外のブラウザを使用している場合でも、Microsoft
   Office のように、Internet Explorer 用にインストールされている
   Adobe Flash Player を使用するソフトウエアがありますので、Internet
   Explorer 用の Adobe Flash Player も更新してください。


IV. 回避策

  アップデートを適用するまでの間は、脆弱性の影響を軽減するため、以下に
記載する回避策の適用をご検討ください。なお、回避策を適用することで、一
部アプリケーションが動作しなくなるなどの不具合が発生する可能性がありま
す。回避策の適用については、十分に影響範囲を考慮の上、行ってください。

  - 信頼できない Flash コンテンツを表示しない
    ブラウザ上で Flash を無効にしてください。または Click-to-Play 機能
    を有効にしてください。

  - Internet Explorer の「インターネット オプション」からセキュリティ
    タブを開き、インターネットゾーンおよびローカルイントラネットゾーン
    のセキュリティのレベルを「高」に設定してください。


V. 参考情報

    Adobe Systems
    Security updates available for Adobe Flash Player
    https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb17-02.html

    Adobe Systems
    Security Bulletins Posted
    https://blogs.adobe.com/psirt/?p=1438

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-003 - 緊急 
    Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)
    https://technet.microsoft.com/library/security/ms17-003


  今回の件につきまして当方まで提供いただける情報がございましたら、ご連
絡ください。

======================================================================
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC)
MAIL: info@jpcert.or.jp
TEL: 03-3518-4600  FAX: 03-3518-4602
https://www.jpcert.or.jp/

Topへ

CSIRTマテリアル
STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2016
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english