JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > 注意喚起 > 2016 > ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2015-8704) に関する注意喚起

最終更新: 2016-01-20

ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2015-8704) に関する注意喚起


各位

                                                   JPCERT-AT-2016-0006
                                                             JPCERT/CC
                                                            2016-01-20

                  <<< JPCERT/CC Alert 2016-01-20 >>>

 ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2015-8704) に関する注意喚起

            https://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160006.html


I. 概要

  ISC BIND 9 には、サービス運用妨害 (DoS) の原因となる脆弱性があります。
本脆弱性を使用された場合、遠隔からの攻撃によって named が異常終了する
可能性があります。脆弱性の詳細については、ISC 社の情報を確認してくださ
い。

    Internet Systems Consortium, Inc. (ISC)
    CVE-2015-8704: Specific APL data could trigger an INSIST in apl_42.c
    https://kb.isc.org/article/AA-01335/

  影響を受けるバージョンの ISC BIND 9 (権威 DNS サーバ、キャッシュ DNS 
サーバ) を運用している場合は、「III. 対策」を参考に、修正済みバージョン
の適用について検討してください。


II. 対象

  ISC 社の情報によると、以下のバージョンが本脆弱性の影響を受けます。
ISC 社は、本脆弱性の深刻度を、「高 (High)」と評価しています。

  ISC BIND
    - 9.9系列 9.9.8-P2 より以前のバージョン
    - 9.10系列 9.10.3-P2 より以前のバージョン

  なお、既にサポートが終了している ISC BIND 9.3系列から9.8系列において
も本脆弱性の影響を受けるとのことです。

  詳細については以下の情報を参照して下さい。

    BIND 9 Security Vulnerability Matrix
    https://kb.isc.org/article/AA-00913/

  ディストリビュータが提供している BIND をお使いの場合は、使用中の
ディストリビュータなどの情報を参照してください。


III. 対策

  ISC 社から脆弱性を修正したバージョンの ISC BIND が公開されています。
また、今後各ディストリビュータなどからも、修正済みのバージョンが提供さ
れると思われますので、十分なテストを実施の上、修正済みのバージョンを適
用することをご検討ください。

  ISC BIND
  - BIND 9 version 9.9.8-P3
  - BIND 9 version 9.10.3-P3


IV. 参考情報

    US-CERT
    Internet Systems Consortium (ISC) Releases Security Updates for BIND
    https://www.us-cert.gov/ncas/current-activity/2016/01/19/Internet-Systems-Consortium-ISC-Releases-Security-Updates-BIND

    株式会社日本レジストリサービス (JPRS)
    (緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2015-8704)
    http://jprs.jp/tech/security/2016-01-20-bind9-vuln-stringformat.html

    株式会社日本レジストリサービス (JPRS)
    BIND 9.10.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2015-8705)
    http://jprs.jp/tech/security/2016-01-20-bind9-vuln-debuglog.html


  今回の件につきまして当方まで提供いただける情報がございましたら、ご連
絡ください。

======================================================================
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC)
MAIL: info@jpcert.or.jp
TEL:03-3518-4600       FAX: 03-3518-4602
https://www.jpcert.or.jp/


Topへ

CSIRTマテリアル
パスワードリスト攻撃による不正ログイン防止
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english