JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > 情報提供 > 注意喚起 > 2013 > ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2013-4854) に関する注意喚起

最終更新: 2013-07-29

ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2013-4854) に関する注意喚起


各位

                                                   JPCERT-AT-2013-0034
                                                             JPCERT/CC
                                                            2013-07-29

                  <<< JPCERT/CC Alert 2013-07-29 >>>

 ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性 (CVE-2013-4854) に関する注意喚起

            https://www.jpcert.or.jp/at/2013/at130034.html


I. 概要

  ISC BIND 9 には、サービス運用妨害 (DoS) の原因となる脆弱性があります。
本脆弱性を使用された場合、遠隔からの攻撃によって named が異常終了する
可能性があります。

  ISC 社の情報によると、既に本脆弱性に対する攻撃が確認されており、多く
の ISC BIND 9 を使用した DNS サーバ (権威 DNS サーバ、キャッシュ DNS
サーバ) が対象となることから、「III. 対策」を参考に、修正済みバージョ
ンの適用について検討してください。

    Internet Systems Consortium, Inc. (ISC)
    CVE-2013-4854 [JP]: 特別に細工されたクエリによってBINDが異常終了する
    https://kb.isc.org/article/AA-01023


II. 対象

  ISC 社の情報によると、以下のバージョンが本脆弱性の影響を受けます。

  ISC BIND
  - 9.7.0 から 9.7.7
  - 9.8.0 から 9.8.5-P1、9.8.6b1
  - 9.9.0 から 9.9.3-P1、9.9.4b1
  ISC による深刻度: 重大(Critical)

  ※ サポートが終了している 9.7 系バージョンも影響を受けます。
  ※ 9.6-ESV および 10 系のバージョンは本脆弱性の影響を受けません。
     他のバージョンへの影響は未確認との事です。

  ディストリビュータが提供している BIND をお使いの場合は、使用中のディ
ストリビュータなどの情報を参照してください。


III. 対策

  ISC 社から脆弱性を修正済みバージョンの BIND が公開されています。また、
今後各ディストリビュータなどからも、修正済みバージョンが提供されると思
われますので、十分なテストを実施の上、修正済みバージョンを適用すること
をご検討ください。

  修正済みバージョンは、以下のとおりです。

  ISC BIND
  - 9.8.5-P2
  - 9.9.3-P2

  9.7 以前の BIND 9 (9.6-ESV を除く) は、サポートが終了しているため、
ISCより修正済みバージョンはリリースされません。修正済みバージョンへの
バージョンアップを検討してください。 


IV. 参考情報

    株式会社日本レジストリサービス (JPRS)
    (緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(2013年7月27日公開)
    http://jprs.jp/tech/security/2013-07-27-bind9-vuln-malformed-rdata.html


  今回の件につきまして当方まで提供いただける情報がございましたら、ご連
絡ください。

======================================================================
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC)
MAIL: info@jpcert.or.jp
TEL: 03-3518-4600  FAX: 03-3518-4602
https://www.jpcert.or.jp/

Topへ

CSIRTマテリアル
パスワードリスト攻撃による不正ログイン防止
CSIRTマテリアル
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english