JPCERT コーディネーションセンター

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する

お問い合わせ 採用情報 サイトマップ English

Home > JPCERT/CC > JPCERT/CCについて > JPCERT/CC に関してよくある質問と答え

最終更新: 2016-12-21

JPCERT/CC に関してよくある質問と答え


「組織概要」に関してよくある質問と答え

Q1 JPCERT/CC とは何の略ですか?
A Japan Computer Emergency Response Team / Coordination Center (日本語名: JPCERT コーディネーションセンター) の略称です。

Topへ

Q2 Computer Emergency Response Teamとは、どのような組織でしょうか?
A 一般的には CSIRT (Computer Security Incident Response Team) と呼ばれるコンピュータセキュリティインシデントに対応する活動を行なう組織体の名称です。

Topへ

Q3 「コンピュータセキュリティインシデント」とは何ですか?
A コンピュータセキュリティに関係する人為的事象で、意図的および偶発的なもの (その疑いがある場合) を含みます。例えば、リソースの不正使用、サービス妨害行為、データの破壊、意図しない情報の開示や、さらにそれらに至るための行為 (事象) などがあります。

Topへ

Q4 Coordination Center とは、どういう意味でしょうか?
A これは、「コンピュータセキュリティインシデントを受けて問題を抱えている方と、その問題を技術面で支援できる方とが、それぞれの立場を離れて問題解決へ向けて協調して活動を行えるよう調整する (コーディネーションする) 役割を担う場所 (センター) を作りたい」という意味を込めて付けられた名前です。

Topへ

Q5 JPCERT/CC とはどのような組織でしょうか
A 民間の非営利団体です (一般社団法人の法人格を取得しています)。特定の政府機関や企業からは独立し、中立の組織として活動しています。

Topへ

Q6 どんな活動をしているのですか?
A JPCERT/CC は、わが国における情報システムの円滑な運用とコンピュータ セキュリティインシデントによる被害の最小化を図ることを目的として、
①コンピュータの不正利用などによるインシデントへの対応の支援
②マルウエアの感染活動の観測をはじめとするインターネット定点観測システムの運用
③ソフトウェア等の脆弱性に関する調整
④コンピュータセキュリティインシデントを未然に防ぐための早期警戒活動
⑤企業等の組織内におけるコンピュータインシデント対応チーム(CSIRT)の構築・運用支援

など、情報セキュリティ対策の推進活動や、国内外関係組織に対するコーディネーションを行っています。また、国内外に向けた技術情報の配信やイベントを通じた啓発活動、およびアジア太平洋地域におけるCSIRT間の情報交換網の構築や組織間の連携強化を主導しています。

JPCERT/CCは、日本シーサート協議会、フィッシング対策協議会、APCERTの事務局を担当しています。
また、JPCERT/CC スタッフが Board of Directors メンバとして FIRST の運営に協力しています。(JPCERT/CC は FIRST のチームメンバです。)

Topへ

Q7 いつから活動を開始したのですか?
A 1992年頃からの有志によるボランティア活動に端を発し、その後、JEPG/IP (インターネット技術計画委員会) のセキュリティタスクフォースの活動を経て、1996年 10月 1日に事務所を開設し、活動を開始しました。

Topへ

Q8 JPCERT/CC の運営はどのようになっているのでしょうか?
A JPCERT/CC には、常勤スタッフの他に JPCERT/CC の活動を支援していただいているアドバイザという外部の協力者がいます。アドバイザは、学識経験者、ベンダ、インターネットサービスプロバイダ等の方々に参加をお願いしています。これらの皆様方のご協力のもと、JPCERT/CC は活動を行っています。

Topへ

Q9 JPCERT/CC は米国 CERT/CC の日本支部なのですか?
A いいえ違います。JPCERT/CC は CERT/CC と協力関係にありますが、独立した組織です。

Topへ

Q10 諸外国にも JPCERT/CC と同様の組織はあるのでしょうか?
A

あります。国によって、また組織によってCSIRTの形態はさまざまですが、アメリカ、イギリス、イタリア、オランダ、オーストラリア、韓国、スイス、スペイン、台湾、中国、デンマーク、ドイツ、ブラジル、フランス、メキシコといっ た国々に CSIRT が存在し、活動しています。

1990年に、世界中の CSIRT 同士の情報交換、インシデント対応の協力関係の構築などを目的とした国際フォーラム FIRST (Forum of Incident Response and Security Teams) が設立され、JPCERT/CC は 1998年に加盟しました。
  1. FIRST の詳細につきましては、FIRST の Web ページをご覧ください。
    https://www.first.org/

Topへ

CSIRTマテリアル
STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2016
JPCERT/CCって何をやっているのですか?
Follow jpcert on Twitter
blog_banner_english